【紫苑S】(中山)~クインズミラーグロが差し切りV [News]
2015/09/12(土) 16:52
中山11Rの紫苑ステークス(3歳以上オープン・牝馬・芝2000m)は8番人気クインズミラーグロ(吉田豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒2(良)。半馬身差の2着に5番人気ホワイトエレガンス、さらに半馬身差の3着に6番人気エバーシャルマンが入った。

クインズミラーグロは美浦・和田正道厩舎の3歳牝馬で、父マンハッタンカフェ、母ジャストトゥートゥー(母の父In Excess)。通算成績は10戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 クインズミラーグロ(吉田豊騎手)
「権利がとれてよかったです。(初の2000mで)折り合いに専念し、直線でうまくさばければと思っていました。レースでは馬ごみでうまく折り合ってくれました。もともと期待していた馬が夏を越して力をつけてきました。いい切れ味を持っています」

3着 エバーシャルマン(田辺裕信騎手)
「雰囲気はよかったです。馬場に出てからの落ち着きもありました。開幕週で外々を回して競馬するのはどうかなと思っていたので、内枠で流れに乗る感じでいきました。しかし、勝負どころの3コーナー付近で勝ち馬と一緒に反応できませんでした」

7着 アースライズ(川須栄彦騎手)
「好位で競馬をしてほしいと言われていました。ある程度流れに乗って、流れによっては逃げ馬の後ろにつけようと思っていました。しかし、逃げ馬も2番手の馬も主張していったので、3番手で競馬をしました。道中は平均ペースで、内容としては悪くありませんでした。しぶとくがんばっています。ただ、この馬の勝負根性をうまく引き出してあげられませんでした」

9着 ゴールデンハープ(C.ルメール騎手)
「首を上げていて、反応もあまりありませんでした。間に馬を置いた方がいいので、外ではダメです。今日は外枠だったので、間から行くのは難しかったです」

15着 ノットフォーマル(黛弘人騎手)
「2番手で折り合いました。自分のタイミングで追い出したのですが、そこからがきつくなりました」

18着 リアンドジュエリー(柴山雄一騎手)
「外に振られて、前が詰まってしまい、バランスを崩してしまいました。走りがバラバラで、競馬になっていませんでした」