【2歳未勝利】(中山1R、2R)~キーロフ、クラウンスカイが勝利 [News]
2015/09/12(土) 13:48
中山1Rの2歳未勝利(ダート1200m)は2番人気キーロフ(西田雄一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒9(稍重)。2馬身半差の2着に1番人気シェアード、さらにクビ差の3着に5番人気アルセナーレが入った。

キーロフは美浦・竹内正洋厩舎の2歳牡馬で、父ファスリエフ、母スタートラッカー(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 キーロフ(西田雄一郎騎手)
「稽古で乗って、スピードがあるのはわかっていました。間隔があいていましたが、十分に仕上がっていたと思います。出負けしましたが、うまく立ち回って、センスを感じさせる馬です」

3着 アルセナーレ(大野拓弥騎手)
「一度使ったのもよかったですし、ダートの方が向いていると思います」

5着 シゲルクロダイ(吉田豊騎手)
「最後は伸びていますが、前半モタモタしていました」


中山2Rの2歳未勝利(芝1600m)は8番人気クラウンスカイ(大野拓弥騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒2(良)。クビ差の2着に5番人気ラインセイラ、さらにハナ差の3着に2番人気タンサンドールが入った。

クラウンスカイは美浦・小野次郎厩舎の2歳牡馬で、父メイショウボーラー、母アオゾラ(母の父ムーンバラッド)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 クラウンスカイ(大野拓弥騎手)
「まだトモが甘い分、半信半疑だったのですが、それで差し切るのですから、持っているもののレベルが高いのだと思います。あとはイレ込む面と緩い部分がしっかりしてくればもっとやれると思います」

2着 ラインセイラ(松岡正海騎手)
「今日は積極的な競馬をしました。コースも向いているようです。もう少しでした」

5着 ウィズエモーション(柴山雄一騎手)
「ラストは脚色が一緒になってしまいましたが、初戦よりはよくなっているようです。最後のひと伸びがもっとしっかりしてくればいいですね」