9月10日(木)「秋桜賞(名古屋)は船橋のケンブリッジナイスが制す」ほか [全国競馬情報]
2015/09/10(木) 17:41
●●重賞レースの結果●●
<8日(火)>
●川崎競馬場(天候・雨 馬場状態・不良)で第44回戸塚記念(第11競走・3歳オープン・ダート2100m・1着賞金2000万円)が14頭によって行われた。
 道中3番手でレースを進めた5番人気の船橋のミスアバンセが最後の直線で抜け出して、逃げた9番人気の大井のアロマーベルを交わして4分の3馬身の差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分21秒8。勝利騎手は大井の矢野貴之。3着は1馬身半差で6番人気の大井のドライブシャフト。1番人気の船橋のストゥディウムは6着に敗れた。
 ミスアバンセは、父パイロ、母ブリッツケーニギン(母父タバスコキャツト)という血統の牝3歳栗毛馬。船橋の椎名廣明厩舎所属。初重賞制覇で通算成績は10戦7勝(中央競馬での出走はなし)となった。
●金沢競馬場(天候・曇 馬場状態・不良)で第11回イヌワシ賞(第11競走・白山大賞典トライアル・3歳以上・地方全国交流・ダート2000m・1着賞金200万円)が12頭によって行われた。
 1番人気となった金沢のジャングルスマイルが逃げ、最後の直線では後続を突き放して終始2番手を追走した2番人気の兵庫のエーシンクリアーに4馬身の差をつけて優勝した。勝ちタイムは2分10秒。勝利騎手は金沢の平瀬城久。3着は1馬身半差で4番人気の金沢のコスモマイギフト。
 ジャングルスマイルは、父ジャングルポケット、母サトルスマイル(母父バブルガムフェロー)という血統の牡9歳黒鹿毛馬。金沢の金田一昌厩舎所属。2011年に続く2度目のイヌワシ賞制覇となり、重賞は8勝目。通算成績は68戦36勝(中央競馬では2戦未勝利)となった。
<10日(木)>
●名古屋競馬場(天候・晴 馬場状態・重)で第9回秋桜賞(第11競走・3歳以上オープン・牝馬・地方全国交流・ダート1400m・1着賞金400万円)が12頭によって行われた。
 愛知のピンクノサイロが好スタートからハナを奪い、5番人気の金沢のエトワールドロゼと2番人気の船橋のケンブリッジナイスが差がなく追走し、3番人気の愛知のナムラビジンが5番手、単勝1.8倍の1番人気となった愛知のピッチシフターは後ろから3番手でレースを進めた。
3コーナーではエトワールドロゼとケンブリッジナイスが抜けて3番手以下を引き離し、4コーナーではケンブリッジナイスが先頭に立って最後はエトワールドロゼに1馬身半の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分29秒1。勝利騎手は金沢の吉原寛人。3着は2馬身差で4番人気の兵庫のリノワール。ピッチシフターは外を回って差を詰めたが5着に終わった。ナムラビジンは見せ場なく11着。
 ケンブリッジナイスは、父サウスヴィグラス、母キョウモヨロシク(母父ジェイドロバリー)という血統の牝5歳栗毛馬。船橋の新井清重厩舎所属。2012年8月に船橋でデビューし、この年の東京2歳優駿牝馬では2着。2013年以降も浦和の桜花賞で4着になるなど重賞で堅実に走るが重賞制覇になかなか手が届かなかった。今年も浦和のしらさぎ賞や園田の兵庫サマークイーン賞で2着。今回ついに重賞を初めて制覇して通算成績は30戦4勝(中央競馬では1戦して未勝利。3歳の春にクイーンカップに出走して殿の15着となっている)となった。


●●名古屋の植松則幸調教師が通算300勝達成●●
・名古屋けいば所属の植松 則幸(うえまつ のりゆき)調教師(54歳)は、9月8日に名古屋競馬場で行われた第1レースでジャンパップを出走させて勝ち、地方競馬通算勝利300勝を達成した。

★植松則幸(うえまつ のりゆき)調教師のプロフィール
・生年月日:1960年(昭和35年)10月1日(54歳)
・出身:愛知県名古屋市
・初勝利:1996年(平成8年)2月29日
名古屋1R・シボレーテンリュウ(初出走から8戦目)

(名古屋けいば発表のリリースによる)

(担当:小林雅巳)