【京成杯オータムハンデ】美浦レポート~グランシルク [News]
2015/09/09(水) 15:11
 13日(日)に中山競馬場で行われる第60回京成杯オータムハンデ(GIII)に登録をしているグランシルク(牡3、美浦・戸田博文厩舎)について、斎藤吉則調教助手のコメントは以下の通り。

(前走のNHKマイルC5着を振り返って)
「馬の状態はすごく良かったです。ニュージーランドTで見せたような、長く良い脚を使うのが持ち味なのですが、やはりヨーイドンの瞬発力勝負になると、展開が合わなかったのかなという感じです」

(中間の調整について)
「(レース後は)特にダメージはなく、予定通り放牧に出しました。結構体も大きくなって帰ってきたので、しっかり乗り込んできました。成長分も含めて、今回はプラス体重なのかなとは思います。春より一回り大きくなってような感じがします。それほど手のかかる馬ではないので、精神面はあまり変わらないですね」

(ウッドチップコースでの一週前追い切りについて)
「やはり間隔が開いているので、一週前に長めからしっかりと負荷をかけました。しっかり追えましたし、先週の時点である程度仕上がったのかなと思います」

(ポリトラックコースでの最終追い切りについて)
「先週しっかりやっているので、今週は調整程度です。今日は馬場もかなり悪かったので、無理をせずに馬の状態だけを確認するような感じで追い切りをしました。仕上がりとしては悪くないと思います」

(中山芝1600mについて)
「実際、良い競馬をしていますし、条件的には合っていると思います。今度は、いろいろと対戦相手も違うので、何とも言えませんが、相性は良いと思います。走ってみないと分かりませんが、斤量差もあるので、それを生かせれば良いですね。どうしても終い勝負になるとは思うので、あまり前が止まらない流れだと少し嫌です。
 古馬と初めての対戦ですが、この馬も成長しています。秋に向けて良い競馬をしてくれたらと思います。応援よろしくお願いします」

(取材:米田元気)