【京成杯オータムハンデ】美浦レポート~ヤングマンパワー [News]
2015/09/09(水) 14:48
 13日(日)に中山競馬場で行われる第60回京成杯オータムハンデ(GIII)に登録をしているヤングマンパワー(牡3、美浦・手塚貴久厩舎)について、鞍上を予定している松岡正海騎手のコメントは以下の通り。

(前走の関屋記念3着を振り返って)
「休養明けということで、馬の感じなども少し掴めないところがありましたが、よく頑張ってくれました」

(ポリトラックコースでの最終追い切りについて)
「先週の時点で、ある程度調教はできていました。今日はリズムと折り合いと息遣いを確認するだけの追い切りでした。先週は少し嫌な硬さがあったのですが、それも抜けてきました。今はすごく良い状態だと思います。一回使われたので、体の捌きがすごくシャープになっている感じがします。上積みを感じます」

(中山の芝1600mについて)
「新馬や春先で走っているのですが、あまり合うなという感じはしていません。しかし、攻め馬でも手前を替えなくなってきましたし、たいぶリズム良く走れるようになったので、春よりも結果を出せると思います。
 ある程度、先行しての勝負になると思います。それを踏まえて、前回あのような競馬をしました。前回と同じような競馬になるかもしれません。スタートが鍵になってきます。スタートはあまり早い方ではないのですが、遅くもなくという感じです。
 馬が成長してきているので、この馬の粘り強い脚がさらに使えると思います。今までは、後ろからの競馬が多かったのですが、馬の成長とともに少しポジションも上げていきたいと思っているので、そういう競馬ができれば良いですね。
 今週がチャンスだと思っているので、一生懸命頑張りたいです」

(取材:米田元気)