【京成杯オータムハンデ】美浦レポート~アルマディヴァン [News]
2015/09/09(水) 14:46
 13日(日)に中山競馬場で行われる第60回京成杯オータムハンデ(GIII)に登録をしているアルマディヴァン(牝5、美浦・高橋文雅厩舎)について、高橋文雅調教師のコメントは以下の通り。

(前走の関屋記念4着を振り返って)
「力は付けてくれたのではないでしょうか。直線で少しスムーズではないところがあったので、スムーズだったらもう少し・・・という感じでした。競馬ごとに力を付けてくれている感じはします。馬自体も、体つきが良くなってきたし、良い所に筋肉が付いて、競走馬になってきました」

(中間の調整について)
「いつも通り短期放牧に出しました。10日前に戻して、日曜日と今日の2本追い切りをしました」

(坂路での最終追い切りについて)
「基本的には、いつも通り気を抜かせないように、馬なりでやりました。馬場が悪すぎたので、そこが心配は心配です。動き自体は悪くなかったので、反動が出なければ、良い状態では出せるかと思います」

(最近の成長ぶりについて)
「精神的に成長してくれたことが大きいです。数は使っているのですが、放牧に行くと、馬が自分でリラックスしてくれるから、良い状態で戻してくれます。調整はすごくしやすいです。今年に入って(オンとオフの切り替えが)はっきりできるようになってきました。やはり若い頃はキャンキャンとしていましたが、去年、おととしよりはやりやすいです。あとは競馬で頑張ってくれるので、また次走も上積みがあるんですよね」

(鞍上の勝浦騎手について)
「本人が乗った感覚で良いと思います。ただ、春先と馬がまた変わっているので、その辺のギャップを掴んでもらえたら良いと思います」

(今回のレースについて)
「あまり速すぎると嫌だなと思っていましたが、この天気ですし、そこまで心配していません。あまりズブズブの馬場だと嫌ですけど。
競馬であきらめない馬です。いつも一生懸命走ってくれるので、助けてもらっています。道中の立ち回りも含めて、ロスなくスムーズな競馬をして、頑張ってほしいです」

(取材:米田元気)