【小倉2歳S】(小倉)~シュウジが無傷の3連勝で重賞V [News]
2015/09/06(日) 16:36
小倉11Rの小倉2歳ステークス(2歳GIII・芝1200m)は1番人気シュウジ(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒9(稍重)。2馬身半差の2着に7番人気サイモンゼーレ、さらにクビ差の3着に6番人気レッドラウダが入った。

シュウジは栗東・橋口弘次厩舎の2歳牡馬で、父キンシャサノキセキ、母カストリア(母の父Kingmambo)。通算成績は3戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 シュウジ(岩田康誠騎手)
「初めて乗りましたが、すごく落ち着いていて、いい馬だなと思いました。どこからでも競馬ができますし、4コーナーで外へ持ち出しましたが強い競馬でした。パワーがあって、瞬発力もスピードも兼ね備えています。昨日は札幌、今日は小倉で乗せてもらえて本当に幸せです。これからさらに大きいレースを狙っていける馬だと思います」

(橋口弘次郎調教師)
「最後の夏にリーディングをとれて、重賞も勝てて本当にいい夏でした。(シュウジに関しては)賞金も加算できましたし、このあとは朝日杯FSを目標にじっくりローテーションを考えたいと思います」

2着 サイモンゼーレ(幸英明騎手)
「勝った馬とは内と外の枠の差だと思います。自分の馬はかなり外を回ってきているし、勝った馬はスムーズに内を進んでいました。その分の差ですね」

4着 レッドカーペット(C.ルメール騎手)
「1200mのレースで、4コーナーではかなり忙しかったです。ついていけませんでした。1400mぐらいの方がいいかもしれません」

5着 コウエイテンマ(和田竜二騎手)
「勝負どころで置かれてしまいました。緩い馬場はどうかと思います」

7着 オフクヒメ(中谷雄太騎手)
「自分の競馬はできましたが、シュウジに完璧に乗られてしまいました。もう少し引き離して逃げたかったですが、自信満々でシュウジに来られてしまいました。1200mも少し短いかもしれません」