【メイクデビュー】(新潟5R、6R)~マイネルラフレシア、チェストケリリーが勝利 [News]
2015/09/06(日) 15:13
新潟5Rのメイクデビュー新潟(芝1800m)は4番人気マイネルラフレシア(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒0(良)。2馬身半差の2着に1番人気ストライクショット、さらに1馬身3/4差の3着に6番人気タマワイドベガが入った。

マイネルラフレシアは美浦・高橋裕厩舎の2歳牡馬で、父ジャングルポケット、母フライングメリッサ(母の父ダンスインザダーク)。

~レース後のコメント~
1着 マイネルラフレシア(柴田大知騎手)
「性格のいい馬です。気を入れるところと抜くところがわかっているようにメリハリがつくタイプです。直線でもすごい手応えで反応も素晴らしかったです。最後は人気馬が来たので追いましたが、追う必要もなかったぐらいでした。距離は1800~2000mと長い方がいいと思います。先が楽しみです」

2着 ストライクショット(M.デムーロ騎手)
「ペースが遅く、少し引っかかるところがありました。初戦なので後ろから行きましたが、最後はよく伸びてくれました」

5着 トモジャポルックス(柴田善臣騎手)
「スタートが上手で、自分のペースで行けました。気性は素直で一生懸命走っていました」


新潟6Rのメイクデビュー新潟(ダート1200m)は1番人気チェストケリリー(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分13秒3(稍重)。クビ差の2着に2番人気ドウカンヤマ、さらに3馬身半差の3着に6番人気サノココが入った。

チェストケリリーは美浦・武井亮厩舎の2歳牝馬で、父Scat Daddy、母Santa Rosalia(母の父Saint Ballado)。

~レース後のコメント~
1着 チェストケリリー(吉田隼人騎手)
「カリカリするところがあるので、ゲート練習をしませんでしたが、出たところでやれると思っていました。前に行くつもりもありませんでしたし、中団ぐらいにつけました。理想の形で直線に向きましたが、2着馬がしぶとかったです。もっとビューンという形で来ると思いましたが、いい内容で勝てました。今のところはマイルぐらいまではもつと思います」

(武井亮調教師)
「少し焦りましたが、勝ててよかったです。あのような競馬ができたので、距離にも融通がききそうです。次走はエーデルワイス賞に行って、そのあとはまた考えます」

2着 ドウカンヤマ(蛯名正義騎手)
「勝った馬が強かったです。それでもこの馬も伸びていて、止まっていません。体がまだ緩いので、しっかりしてくればさらによくなるでしょう」

3着 サノココ(内田博幸騎手)
「新馬戦は他の馬が用心するものですから、すんなりと番手につけられました。しぶとく走っています。怖がりな馬なので、周りの馬に来られたり、砂を被ったりしたときはどうでしょうか」