【北九州短距離S】(小倉)~メイショウライナーが5勝目を挙げる [News]
2015/09/05(土) 16:30
小倉11Rの北九州短距離ステークス(3歳以上1600万下・芝1200m)は3番人気メイショウライナー(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒8(良)。半馬身差の2着に1番人気アットウィル、さらに半馬身差の3着に9番人気テイエムゲッタドンが入った。

メイショウライナーは栗東・高橋義忠厩舎の5歳牡馬で、父キングヘイロー、母ナナヨーティアラ(母の父マイネルラヴ)。通算成績は26戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウライナー(武豊騎手)
「今日はすべてがうまくいきました。最後にゲートに入る外枠もよく、展開も向きました。1200mの距離も合いますね」

2着 アットウィル(川田将雅騎手)
「スムーズなレースができました。勝った馬は着差以上に強いレースでした」

3着 テイエムゲッタドン(藤懸貴志騎手)
「他の馬が控えてくれたので、いいペースでレースができました。荒れた馬場も苦にしない馬ですし、52キロの斤量もよかったと思います。状態のよさを生かしてくれました」

4着 ゴーハンティング(浜中俊騎手)
「遅い流れでヨーイドンの速い上がりのレースになりました。この馬も最後は来ているのですが......」

5着 カシノワルツ(義英真騎手)
「ゲートに注文のつく馬で、前回は外枠だったのでうまく行けたのですが、今日は出て行けませんでした。いい位置でレースを運べれば結果は違うと思います。ここでも通用する力のある馬です」