【弥彦特別】(新潟)~シュンドルボンが人気に応える [News]
2015/09/05(土) 16:14
新潟10Rの弥彦特別(3歳以上1000万下・芝1800m)は1番人気シュンドルボン(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒4(良)。半馬身差の2着に3番人気ラインハーディー、さらに2馬身半差の3着に5番人気サトノアッシュが入った。

シュンドルボンは美浦・矢野英一厩舎の4歳牝馬で、父ハーツクライ、母ネイチャーガイド(母の父エルコンドルパサー)。通算成績は18戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 シュンドルボン(田辺裕信騎手)
「このクラスは以前もいい競馬をしていましたし、馬もいい状態をキープしています。競馬もしやすく、直線は自分から行くような手応えで抑えるぐらいでした」

2着 ラインハーディー(的場勇人騎手)
「今日はマッチレースだと思っていました。直線の切れ味勝負で体半分届かず残念です。悔しいです」

3着 サトノアッシュ(蛯名正義騎手)
「久々も太い感じはありませんでした。今日は上がりの速い競馬で、まだ体も緩いところがあり、追い出すと頭を上げるところもありました。まだ3歳馬ですし、これからもっとよくなると思います」

4着 シルクブルックリン(北村宏司騎手)
「ビュッとした脚は使えませんでしたが、自分の走りはできました。よくがんばっています」

5着 ハッピーモーメント(戸崎圭太騎手)
「いい感じでレースをしましたが、切れる脚がありませんでした。コーナー4つのコースの方がいいのかもしれません」