【玄海特別】(小倉)~マサハヤドリームが叩き合い制す [News]
2015/09/05(土) 16:09
小倉10Rの玄海特別(3歳以上1000万下・芝2000m)は3番人気マサハヤドリーム(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分00秒6(良)。ハナ差の2着に8番人気アドマイヤカーリン、さらに1馬身半差の3着に1番人気ゴールドテーラーが入った。

マサハヤドリームは栗東・今野貞一厩舎の3歳牡馬で、父メイショウサムソン、母ランペイア(母の父アグネスタキオン)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 マサハヤドリーム(和田竜二騎手)
「道中うまく運べて、もっと楽に交わせると思いましたが、相手がしぶとかったですね。普通のハミでもモタれることなく折り合いもつきました。距離の融通もききそうです」

(今野貞一調教師)
「1コーナーでかかりそうでしたが、よく我慢してくれました。3~4コーナーはいい手応えで、最後もよくしのいでくれました。オーナーと相談になりますが、菊花賞も視野に入れながら次を考えたいと思います」

2着 アドマイヤカーリン(川田将雅騎手)
「今日は自分から進んでいきました。道中もリズムよく運べました。ただ、勝ち馬が着差以上に強かったです」

3着 ゴールドテーラー(幸英明騎手)
「手応え抜群で4コーナーから直線に向きましたが、下が緩い分、もたついて交わされました。差し返しに行っていますが、一瞬の反応遅れが響きました」

4着 ゼンノブレーメン(松山弘平騎手)
「いいポジションでロスなく運べましたが、切れるタイプではないので、自分から動いていけるポジションで運びたかったです」

5着 カレンバッドボーイ(小牧太騎手)
「流れが途中から速くなって、伸びてはいますが、もっと早めにアクセルを踏むべきだったかもしれません」