【札幌スポニチ賞】(札幌)~レッドシャンクスがクビ差しのぐ [News]
2015/09/05(土) 15:58
札幌10Rの札幌スポニチ賞(3歳以上1000万下・芝1200m)は7番人気レッドシャンクス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒4(稍重)。クビ差の2着に1番人気サザンライツ、さらにクビ差の3着に2番人気ホッコーサラスターが入った。

レッドシャンクスは美浦・藤沢和雄厩舎の6歳セン馬で、父Galileo、母Ardbrae Lady(母の父Overbury)。通算成績は18戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 レッドシャンクス(C.ルメール騎手)
「直線、外からとてもいいレースができました。能力のある馬です。距離は1200~1400mがちょうどいいようです」

2着 サザンライツ(福永祐一騎手)
「あの形で負けたのでは仕方ありません。スタートが安定して、レースが上手になっています。メドの立つ内容でしたね」

3着 ホッコーサラスター(池添謙一騎手)
「自分の形でレースができましたし、しっかりと脚を使っています。次はもっとよくなると思います」

4着 サンシカゴ(菱田裕二騎手)
「前走は力が違っていたので、外からまくっていきましたが、今日は馬の後ろでギリギリまで我慢させました。ためていくと切れる脚を使います。このクラスでも通用すると思います」