【WASJ第3戦】(札幌)~ブラヴィッシモが接戦制す [News]
2015/08/30(日) 17:11
札幌10Rのワールドオールスタージョッキーズ第3戦(3歳以上1000万下・芝1200m)は1番人気ブラヴィッシモ(J.モレイラ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分09秒4(良)。ハナ差の2着に4番人気フェアラフィネ、さらに3/4馬身差の3着に2番人気タカラジェニファが入った。

ブラヴィッシモは栗東・須貝尚介厩舎の3歳牡馬で、父Fastnet Rock、母メイキアシー(母の父Sadler's Wells)。通算成績は14戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ブラヴィッシモ(J.モレイラ騎手)
「ゲートが早くてポジションもキープできた。ラスト100mではとても素晴らしい脚を見せてくれた。本当に素晴らしい馬だ」

2着 フェアラフィネ(武豊騎手)
「内容としては完璧。いいレースはできました。勝った馬は強いです」

3着 タカラジェニファ(戸崎圭太騎手)
「少し頭の高い走りをする馬です。最後はよく伸びてくれました」

5着 ダイワインスパイア(T.ジャルネ騎手)
「馬がとてもいい状態だった。最後までがんばって走ってくれた」

6着 レヴァンタール(R.ベイズ騎手)
「3コーナーで進路が狭くなり、ポジションが下がってしまった。スムーズならもっといい結果が得られたはず。とてもいい馬だと思う」

7着 アドマイヤサブリナ(藤田弘治騎手)
「仕掛けたら反応が思ったよりもよすぎました。少し早く出して行きすぎました」

8着 ボブキャット(岩橋勇二騎手)
「スタートで出遅れてしまいました。前で競馬をしたかったのですが......。いい馬に乗せてもらったのに残念です」

10着 オリエンタルサン(C.ウィリアムズ騎手)
「好スタートから勝ち馬を追走する形でレースを進めることができたが、勝負どころで置かれてしまった。非常に乗りやすい馬で、次走はもう少し上位を争えると思う」

13着 ジョージジョージ(H.ターナー騎手)
「枠もよくなかったけど、パドックからおとなしくて、ついていくのが精一杯でした」