【キーンランドC】(札幌)~ウキヨノカゼが連勝で重賞V [News]
2015/08/30(日) 16:47
札幌11Rのキーンランドカップ(3歳以上GIII・芝1200m)は8番人気ウキヨノカゼ(四位洋文騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒6(良)。3/4馬身差の2着に9番人気トーホウアマポーラ、さらに半馬身差の3着に1番人気ティーハーフが入った。

ウキヨノカゼは美浦・菊沢隆徳厩舎の5歳牝馬で、父オンファイア、母アドマイヤダッシュ(母の父フサイチコンコルド)。通算成績は9戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ウキヨノカゼ(四位洋文騎手)
「1200mでは追走に苦労する馬なので、前走のように後ろからジックリと行って、終い勝負と考えていました。仕掛けてからの反応がすごくて驚きました。もともと力のある馬ですが、よく立ち直ったと思います。短い距離なら今後も楽しみです。僕自身の2週連続重賞勝ちはたまたまですが、やはり嬉しい勝利ですね」

2着 トーホウアマポーラ(福永祐一騎手)
「大外枠でしたから、外を回って決め打ちしました。よく馬が応えてくれました。もう少しでしたね」

3着 ティーハーフ(国分優作騎手)
「今日はうまくゲートを出ました。レースの流れが速くないので、ある程度の位置につけて様子を見ました。脚は使っていますが、結果的に前走のように外からひとまくりする競馬の方がよかったのかもしれません」

5着 レッドオーヴァル(岩田康誠騎手)
「勝負どころからヨーイドンの競馬になりました。馬ごみの中で仕掛けが遅れてしまいました。腹を決めて外からまくっていけばよかったと思います」

9着 エポワス(J.モレイラ騎手)
「とてもアンラッキーなレースだった。うまく抜け出せていればもっと上の着順も狙えたはず」