【BSN賞】(新潟)~ダノンリバティがダート2戦目で初勝利 [News]
2015/08/29(土) 17:51
新潟11RのBSN賞(3歳以上オープン、ハンデ、ダート1800m)は2番人気ダノンリバティ(丸山元気騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒5(不良)。1馬身1/2差2着に6番人気トウショウフリーク、さらに1/2馬身差で3着に8番人気ダブルスターが入った。

ダノンリバティは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父キングカメハメハ、母スカーレットベル(母の父エリシオ)。通算成績は10戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンリバティ(丸山騎手)
「戸崎騎手から癖も聞いていましたし、外枠で斤量も軽かったですし、力通りだと思います」

(音無秀孝調教師)
「53キロは大きかったですね。時計が速くなることを心配していましたが、前が飛ばしたにせよ、今日は1分49秒5ですか、ビックリしました。気の悪さがあり、砂を被ると嫌がる面もありますが、こればかりは慣れるしかありません。良くなると思います。この後はシリウスSなどありますが、オーナーとも相談し、馬の様子を見て決めたいと思います」

2着 トウショウフリーク(内田博騎手)
「よく走りました。頑張っています」

4着 アジアエクスプレス(北村宏騎手)
「行かないことも考えていましたが、今日の馬場、時計だと行った方がいいかなと思いました。大きく止まってはいませんが、最後、少し踏ん張りが利きませんでした」

6着 ベルゲンクライ(吉田豊騎手)
「このところ意識的に流れに乗せていましたが、今日は無理せず追走しました。ここ数戦、追ってのイメージと伸びのイメージが違います。もっと伸びそうな感じはあるのですが、らしくない感じです」

14着 フィールザスマート(田中勝騎手)
「3コーナー過ぎからいつもとは違い、直線に向くと脚が出ず、下がってしまいそうな感じでした。疲れてしまったのかもしれません」