【北九州記念】(小倉)~ベルカントが重賞連勝 [News]
2015/08/23(日) 16:47
小倉11Rの北九州記念(3歳以上GIII・芝1200m)は2番人気ベルカント(武豊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分07秒3(良)。1馬身半差の2着に1番人気ビッグアーサー、さらに半馬身差の3着に4番人気ベルルミエールが入った。

ベルカントは栗東・角田晃一厩舎の4歳牝馬で、父サクラバクシンオー、母セレブラール(母の父ボストンハーバー)。通算成績は14戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 ベルカント(武豊騎手)
「久々に小倉で重賞を勝てて嬉しいです。難しい面があるので、細心の注意を払って乗りましたが、スタートがすごくよかったですし、いい位置がとれました。ただ、道中で右へ行くクセがあり、それが出てしまいましたが、状態が本当によく、それでカバーできましたし、強かったです。短距離馬としての資質は高く、充実しています。次はGIレースになるでしょうが、楽しみです。そして僕自身もJRA重賞300勝を早く達成できるようがんばります」

(角田晃一調教師)
「ペースが速い中、自分のペースを守って乗ってくれたジョッキーの好判断だと思います。馬も今は本当に具合がいいです」

2着 ビッグアーサー(藤岡康太騎手)
「レースでは我慢がきいて、スペースができるとよく反応してくれました。勝ち馬とは最後はポジション取りの差でしょう。収穫のあるレースにはなりましたが、人気にしていただいたのに結果を出せず残念です」

3着 ベルルミエール(川島信二騎手)
「スタートをうまく出て、この馬としてはいい位置でレースができました。直線では馬場のいいところを走らせることができたのですが、上位2頭は少し荒れたところを伸びるのですから、力があります。この馬も力をつけていますし、ここ2戦スプリント路線である程度結果が出ていますから、今後はマイル路線よりスプリント路線に進むことになるでしょう」

6着 バクシンテイオー(藤岡佑介騎手)
「勝ち馬の後ろの位置をとれていたのですが、3コーナーで不利があって下げる形になりました。そのぶん脚がたまる形になって、自分の持っている脚は使ってくれたのですが、スムーズなら結果は違ったと思います」