【2歳未勝利】(小倉1R、2R)~クライシス、タガノファサネイトが勝利 [News]
2015/08/22(土) 15:22
小倉1Rの2歳未勝利(芝1800m)は1番人気クライシス(川田将雅騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分49秒4(稍重)。クビ差の2着に2番人気エキドナ、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気ロードレグナムが入った。

クライシスは栗東・鮫島一歩厩舎の2歳牡馬で、父ネオユニヴァース、母スウィートデジャヴ(母の父Seeking the Gold)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 クライシス(川田将雅騎手)
「道中は見た目以上に行きたがっていました。着差はわずかですが、無事に勝ち上がれたことが何よりです」

4着 ゴッドカリビアン(藤岡佑介騎手)
「完全に立ち遅れてしまいました。前残りの中、よく差を詰めてくれていますが、落ち着きが出てほしいです」

5着 メイショウミツタダ(川島信二騎手)
「2走目で変わってくれました。でも、まだまだ返し馬でも周囲を気にしています。もっとレースに集中できるようになればと思います」


小倉2Rの2歳未勝利(ダート1000m)は5番人気タガノファサネイト(鮫島克駿騎手)が勝利した。勝ちタイムは59秒7(不良)。アタマ差の2着に1番人気ウインフェルベール、さらにクビ差の3着に6番人気エディブルフラワーが入った。

タガノファサネイトは栗東・浅見秀一厩舎の2歳牡馬で、父エンパイアメーカー、母タガノシビル(母の父フジキセキ)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 タガノファサネイト(鮫島克駿騎手)
「3コーナーで外に逃げようとしたり、ゲートの駐立もよくなかったり、いろいろと気性の若さを出していましたが、それでも終いの伸びはしっかりしていました。力のある馬です」

2着 ウインフェルベール(川田将雅騎手)
「スムーズな競馬ができました。最後は馬が自分でやめようとしたことと少し苦しくなったこととの両方の理由で止まる形になりました」

4着 シゲルオキサワラ(義英真騎手)
「前回、周りの馬を怖がって下がる場面はありましたが、能力は通用すると思っていました。いいスピードがありますし、モタれたりする面がなくなれば今後楽しみだと思います」

6着 リンネ(北村友一騎手)
「初戦でゲート内の駐立が悪くて心配していたのですが、案の定、ゲート内で落ち着きがなく、スタートで遅れてしまいました。それが響いた形です。いい走り方をしていましたし、ダートは合うと思います」