【2歳未勝利】(小倉1R、2R)~チェストケホーク、アグネスフェアリーが勝利 [News]
2015/08/15(土) 15:19
小倉1Rの2歳未勝利戦(九州産馬限定、芝1200m)は5番人気チェストケホーク(義英真騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒8(良)。1馬身3/4差2着に4番人気テイエムマケンゲナ、さらに3/4馬身差で3着に2番人気テイエムハズンドが入った。

チェストケホークは美浦・池上昌和厩舎の2歳牝馬で、父ブラックホーク、母ドラゴンウィン(母の父シャンハイ)。通算成績は3戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 チェストケホーク(義騎手)
「前走は終いだけで3着になったのですが、今日は馬が前向きでピリッとしていて、返し馬の時からいい感じでした。またレースもうまく流れてくれたのも良かったです」

2着 テイエムマケンゲナ(藤岡佑騎手)
「使われながら前向きになってきました。レースを学習してきて、今日はあと少しというところでした」

4着 テイエムヤマンカミ(鮫島克駿騎手)
「気性面でカリカリするところがある馬で、パドックから待避所のところまで行く時にかなりイレ込んでいました。その影響があったのかもしれません」


小倉2Rの2歳未勝利戦(芝1800m)は2番人気アグネスフェアリー(浜中俊騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分48秒8(良)。クビ差2着に5番人気フロムマイハート、さらに7馬身差で3着に1番人気トラストルークが入った。

アグネスフェアリーは栗東・長浜博之厩舎の2歳牝馬で、父ヴィクトワールピサ、母アグネスラック(母の父クロフネ)。通算成績は2戦1勝。

~レース後のコメント~
1着 アグネスフェアリー(浜中騎手)
「まだ神経質な面があって、スタートから物見をしていました。道中で強めに気合いをつけたらよく反応しましたし、行き切る形になりましたが、そこからまた物見をしていました。最後にハミが抜けて差は詰められましたが、余力はありましたし、能力はあります。あとは競馬に慣れてくればもっと良くなると思います」

3着 トラストルーク(川田騎手)
「いい位置は取れたのですが、今日は流れが向きませんでした」

4着 タンギモウジア(小牧騎手)
「今日はゲートをポンと出ましたし、もっとやれると思ったのですが...残念です」