マンハッタンカフェ死亡 [News]
2015/08/14(金) 13:18
 2002年の天皇賞(春)などGIを3勝し、種牡馬としても活躍したマンハッタンカフェが13日、腹腔内腫瘍のため死亡した。17歳だった。

 繋養されていた社台スタリオンステーションの徳武英介氏「サンデーサイレンスの仔らしく精悍なインパクトのある馬で、競走成績も素晴らしく、種牡馬としてもチャンピオンサイヤーに輝くなど非常に優秀な馬だったので、これまでの功績に感謝しています。若くして亡くなったのは残念ですが、ご苦労様でしたと伝えたいです」

(JRA発表)