【藻岩山特別】(札幌)~ホワイトエレガンスがクビ差しのぐ [News]
2015/08/09(日) 16:45
札幌12Rの藻岩山特別(3歳以上1000万下・芝1800m)は3番人気ホワイトエレガンス(丸田恭介騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒4(良)。クビ差の2着に2番人気タガノエンブレム、さらに1馬身3/4差の3着に1番人気サトノフェラーリが入った。

ホワイトエレガンスは美浦・国枝栄厩舎の3歳牝馬で、父クロフネ、母レディベローナ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は11戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ホワイトエレガンス(丸田恭介騎手)
「待っていても仕方ないので、軽量を生かして早めに動きましたが、しっかりと押し切ってくれました」

2着 タガノエンブレム(福永祐一騎手)
「少し内にモタれるところはありましたが、直線はよく伸びてくれました。差し切れるかと思いましたが、最後は斤量の差でしょうか。洋芝の適性は高いですね」

3着 サトノフェラーリ(C.ルメール騎手)
「いいレースができました。でも、4コーナーから同じペースになってしまいました。直線はよくがんばっていますが、この距離がギリギリだと思います」