【ダリア賞】(新潟)~ペルソナリテが2連勝飾る [News]
2015/08/08(土) 16:12
新潟9Rのダリア賞(2歳オープン・芝1400m)は2番人気ペルソナリテ(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒0(良)。アタマ差の2着に8番人気クナウ、さらに半馬身差の3着に4番人気マテラアリオンが入った。

ペルソナリテは美浦・相沢郁厩舎の2歳牝馬で、父ステイゴールド、母マイネアルデュール(母の父アドマイヤコジーン)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ペルソナリテ(柴田大知騎手)
「力があります。瞬発力もあります。出していくと引っかかりそうだったので、ジッとしていました。追い出してからはフットワークが大きく、弾けました。いいものを持っています」

(相沢郁調教師)
「いい競馬をすると思っていました。普通ならあそこでひるむものですが、根性があります。柔らかく、バネがあってウメノファイバーに似ています。ステイゴールド産駒なので、距離が延びても大丈夫だと思います」

2着 クナウ(大野拓弥騎手)
「1200mは忙しかったのですが、1400mではしっかりと脚がたまりました。いい脚を使ってくれました。マイルぐらいまでは大丈夫だと思います」

3着 マテラアリオン(岩田康誠騎手)
「瞬発力があります。しかし、抜け出すのが早すぎて、最後はフワッとしてしまいました」

4着 ファド(M.デムーロ騎手)
「右にモタれていました。まだ若いところがあります」

5着 トモジャクール(田中勝春騎手)
「落ち着いていました。初戦よりもよくなっています」

7着 シトロン(嘉藤貴行騎手)
「コーナーで右に逃げていました。少し子どもっぽいところがあります。伸びそうだったのですが......。具合がよさそうなだけに残念です」