【小倉記念】美浦レポート~マローブルー [News]
2015/08/05(水) 13:58
 9日(日)に小倉競馬場で行われる第51回小倉記念(GIII)に登録をしているマローブルー(牝4、美浦・堀宣行厩舎)について、橋本篤典調教助手のコメントは以下の通り。

(今年のレースぶりを振り返って)
「もともと期待の高かった馬なのですが、うまく力が出せなかったり、調整自体がうまく行かなかったりということが続いていました。やっと軌道に乗ってくれたかなというところです。
 前走自体は、重賞の出走経験がありますが、牝馬同士ですし、準オープンで牡馬と走ってどんなものかなと半信半疑な部分はありました。ただ、この辺で良い競馬をしてくれたら上でも通用すると思っていましたし、楽しみではありました。競馬ぶりは、後ろから馬が来て、押し出されるような感じで、少し引っ掛かり気味になってしまいました。それでも、4コーナーで先頭に立ちようになりながらもあそこまで粘ったというのは、大きく離されはしましたが、力を付けたと感じています。
 今回は、重賞でハンデ戦になりますが、ハンデも手頃ですし、力を出せるのではないかと思っています」

(前走後の調整について)
「前走後は、そのまま競馬場から放牧に出させてもらいました。その後は、小倉へ直接入厩しての競馬になります」

(初めての小倉について)
「2000mの距離と小回りに関しては、それほど気にしていません。牡馬で強い馬がいるので、相手は強いと思います。ただ、この馬自身も勢いがありますし、ハンデも軽いので、十分やれるのではないでしょうか。馬に合わせてリズム良く行ければ良いと思っています。この前も、道中引っ掛かった感じになりましたが、口角に外傷を負ってしまいまして、その辺をずいぶん嫌がっていた部分がありました。しかし、それも癒えていると思います。この前のようなことはないのではないでしょうか」

(取材:米田元気)