【クイーンS】(札幌)~メイショウスザンナがゴール前で差し切る [News]
2015/08/02(日) 17:00
札幌11Rのクイーンステークス(3歳以上GIII・牝馬・芝1800m)は7番人気メイショウスザンナ(松田大作騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分47秒1(良)。クビ差の2着に1番人気レッドリヴェール、さらに1馬身1/4差の3着に4番人気イリュミナンスが入った。

メイショウスザンナは栗東・高橋義忠厩舎の6歳牝馬で、父アグネスデジタル、母グリーンオリーヴ(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は37戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 メイショウスザンナ(松田大作騎手)
「とても嬉しいです。集中して走ってくれるかがカギだと思っていて、真面目に走ってくれればチャンスはあると感じていました。外枠だったので、後ろから行こうと考えていました。手応えよく、最後までしっかり伸びてくれました」

2着 レッドリヴェール(C.ルメール騎手)
「スタートがよく、道中もリズムよく折り合えました。4コーナーでもいい手応えで、その手応えをキープできたのですが、1800mはギリギリなのかもしれません。それに勝った馬にもうまく目標にされてしまいました」

3着 イリュミナンス(横山典弘騎手)
「展開を読んで、ペースが遅かったら行こうと思っていました。フレイムコードが行ったので、絶好のポジションがとれたのですが......」

4着 ノットフォーマル(黛弘人騎手)
「2番手の馬にぴったり来られましたが、気分よく走っていました。初の古馬相手で、よくがんばっています。距離もこのぐらいがよさそうです」

5着 フレイムコード(福永祐一騎手)
「ジワッと行けましたが、1~2コーナーで両サイドにこすられてしまいました。その分だと思います。状態はよかったです」