【アイビスSD】(新潟)~ベルカントが2馬身差で快勝 [News]
2015/08/02(日) 16:51
新潟11Rのアイビスサマーダッシュ(3歳以上GIII・芝1000m)は1番人気ベルカント(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは54秒1(良)。2馬身差の2着に9番人気シンボリディスコ、さらにハナ差の3着に4番人気アースソニックが入った。

ベルカントは栗東・角田晃一厩舎の4歳牝馬で、父サクラバクシンオー、母セレブラール(母の父ボストンハーバー)。通算成績は13戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ベルカント(M.デムーロ騎手)
「とても嬉しいです。初めての(新潟の)ストレートの1000mでしたが、大好きです。日本ではこの鞍は少ないので、楽しみでした。調教師も武豊騎手も『いつもいいスタートで、自分のペースだったら楽だ』と言っていました。いいスタートで、いいポジションにつけられました。いつも勝ちたいので、今後もがんばります」

(角田晃一調教師)
「取消などいろいろありましたが、勝ててホッとしています。抜け出して、後ろから来られましたが、抜かされる感じはありませんでした。この距離で、これだけ差をつけられるとはびっくりです。2~3歳時に活躍した頃に戻ったのではないでしょうか。今後は北九州記念でサマースプリントチャンピオンを狙いたいです」

2着 シンボリディスコ(田中勝春騎手)
「力をつけていて、楽についていきました。暑い時期は走るのかもしれません」

3着 アースソニック(丸田恭介騎手)
「ブレーキを踏むところなく、スムーズに走ってくれました。よく伸びています」

4着 セイコーライコウ(柴田善臣騎手)
「雰囲気はいつもと変わりませんでしたが、追走に精一杯でした」

5着 リトルゲルダ(柴田大知騎手)
「ゲートで他馬に反応して出負けしました。さらに両側から挟まれてしまいました。斤量が昨年より2キロ増えていたのもこたえました。よくがんばってはいるのですが......」

9着 フレイムヘイロー(西田雄一郎騎手)
「一生懸命走っています。カベを作れなくて脚をためられませんでした。仕切り直して、またがんばります」

11着 オースミイージー(秋山真一郎騎手)
「1000mは初めてだったので、追走が大変でした。1200mぐらいがいいのかもしれません」

12着 サカジロロイヤル(国分優作騎手)
「具合は前走よりいい感じでした。踏ん張れると思ったのですが、早めに追い出す形になり、最後は手応えがなくなりました」

14着 エーシントップ(川須栄彦騎手)
「スッといけるスピードはありますが、コースへの適性がありませんでした。ほとんど脚をためられませんでした」