【小倉サマーJ】(小倉)~アップトゥデイトが貫禄勝ち [News]
2015/08/01(土) 15:14
小倉8Rの第17回小倉サマージャンプ(障害GIII、3歳以上、芝3390m)は2番人気アップトゥデイト(林満明騎手)が勝利した。勝ちタイムは3分42秒8(良)。1馬身1/4差2着に7番人気ビコーピリラニ、さらに4馬身差で3着に5番人気マイネルフィエスタが入った。

アップトゥデイトは栗東・佐々木晶厩舎の5歳牡馬で、父クロフネ、母リニアミューズ(母の父トニービン)。通算成績は22戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 アップトゥデイト(林騎手)
「勝ててホッとしました。水濠を飛んだ後に手応えが怪しくなったのですが、GI馬の意地を見せてくれました。距離は長い方がいいタイプですし、馬も中山仕様になってきているのかもしれませんが、この馬らしいレースが出来ました。これからも勝ち続けていきたいですね」

2着 ビコーピリラニ(田村騎手)
「馬に体力がついてきているようです。周りの馬が手応えをなくしてもいい感じで走っていました。前走のJ・GIで63キロを背負って4000m以上走ったことがいい経験になったのだと思います」

3着 マイネルフィエスタ(植野騎手)
「ゲートは出ましたが、出脚がつきませんでした。それでも自分のペースを守って、ジワジワと伸びるこの馬の持ち味を生かせました」

4着 オースミムーン(高田騎手)
「スタート後に他の馬と接触したこともあって、ハミを噛みすぎてしまいました。そこで本来の飛越が出来なくなって、この馬のリズムで走らせてあげられませんでした。状態はすごく良かったのですが...」