【函館2歳S】(函館)~ブランボヌールが3馬身半差でV [News]
2015/07/26(日) 16:23
函館11Rの函館2歳ステークス(2歳GIII・芝1200m)は1番人気ブランボヌール(岩田康誠騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒6(稍重)。3馬身半差の2着に3番人気メジャータイフーン、さらにクビ差の3着に10番人気ヒルダが入った。

ブランボヌールは栗東・中竹和也厩舎の2歳牝馬で、父ディープインパクト、母ルシュクル(母の父サクラバクシンオー)。通算成績は2戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ブランボヌール(岩田康誠騎手)
「2走目でどんなレースをするかと思っていましたが、落ち着いてレースができました。内を走ってもゴチャつくと思い、外を回ってきましたが、いい末脚だったと思います。普段からピリピリする馬ですが、このレースへ向けてスタッフがよく仕上げてくれました」

2着 メジャータイフーン(三浦皇成騎手)
「この馬場と展開を考えても、明らかにペースが速いと思ったので、腹をくくって末脚に賭けました。先々を考えても距離はマイルぐらいまでがいいと思っているので、今日はそのへんを含めてレースをしました」

3着 ヒルダ(柴山雄一騎手)
「テンからやる気になっていましたし、リズムよく運べました。終いもしぶとくがんばっていましたし、学習能力の高い馬なので次はもっとよくなると思います」

7着 メジェルダ(四位洋文騎手)
「今日はこの馬場に尽きると思います」

10着 アルマククナ(勝浦正樹騎手)
「今日は全然ハミをとらないし、反応がなかったです。この馬場が影響したのかもしれません。状態がよかっただけに残念です」