【白河特別】(福島)~ゴールドペガサスがハナを奪って押し切る [News]
2015/07/25(土) 17:20
福島11Rの白河特別(3歳以上1000万下、芝1200m)は1番人気ゴールドペガサス(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分08秒9(良)。1馬身差2着に2番人気マンハッタンヘンジ、さらにクビ差で3着に3番人気ボブキャットが入った。

ゴールドペガサスは美浦・佐藤吉勝厩舎の3歳牡馬で、父アドマイヤオーラ、母フォーモーション(母の父ラストタイクーン)。通算成績は8戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ゴールドペガサス(蛯名騎手)
「前走ではけっこう強い馬に負けていた馬です。他が行かないので自分で行く形になりました。自分の競馬が出来たと思います。距離は短いところがいいのではないでしょうか。今日は結果的に逃げましたが、下げることを覚えると次のステップアップにつながると思います」

2着 マンハッタンヘンジ(石橋脩騎手)
「相手はこれだと思っていた馬が行ってくれて、それを見ながら競馬をしました。結果は残念でしたが、厩舎スタッフがうまく状態を保ってくれていました」

3着 ボブキャット(内田博騎手)
「乗り難しい馬ですが、最後までしっかり走ってくれました。1400mくらいまでは問題ないと思います」

4着 ヤサカオディール(的場騎手)
「ゲートを出て、うまく流れに乗れました。最後もしっかりと脚を使っています。夏場はいいのかもしれません」

5着 ファンデルワールス(田辺騎手)
「前残りになってしまい、展開が向きませんでした。最後はジリジリと来てはいますが、勝ち切るには展開の助けが欲しいです」

6着 スーパーアース(江田照騎手)
「終いの勝負にかける競馬をしようと思いました。結果は6着でしたが、終いの伸びは上々でした。次につながる内容だったのではないでしょうか」