【メイクデビュー】(福島5R、6R)~ゲッカコウ、ミキノドラマーが勝利 [News]
2015/07/25(土) 15:30
福島5Rのメイクデビュー福島(牝馬限定、芝1800m)は4番人気ゲッカコウ(松岡正海騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分52秒0(良)。クビ差2着に7番人気リップルトウショウ、さらにハナ差で3着に1番人気ジェラシーが入った。

ゲッカコウは美浦・高橋義博厩舎の2歳牝馬で、父ロージズインメイ、母チューベローズ(母の父シンボリクリスエス)。

~レース後のコメント~
1着 ゲッカコウ(松岡騎手)
「兄弟にも乗っていて、新馬勝ちをしていたので、気性が前向きだということは分かっていました。ペースが遅く、ハナに行っても物見をしないので、その強みを生かす競馬をしました。あそこから行って勝つのですから、持久力があります。テンションが上がらなければ距離はもつと思います」

2着 リップルトウショウ(大野騎手)
「先行力があって、うまく立ち回ってくれました。背腰に力強さが出てくれば、もっと良くなりそうです」

3着 ジェラシー(戸崎騎手)
「体つきは問題ありません。少しモタモタしていましたが、終いはいい感じで伸びてくれました」

4着 キーウエスト(田中勝騎手)
「思ったより落ち着いていました。直線で先頭に立ちそうでしたが、口向きが良くないところがあります」

5着 エミノマユアク(吉田豊騎手)
「捌くのに苦労しましたが、最後は来ていました。もう少し早く出せれば良かったです。外枠だったら、とも思います。どっしり構えていましたし、1回使ってガス抜きが出来ればいいですね」

6着 シャイニングアロー(木幡初也騎手)
「道中は若干フワフワしていました。しかし、その後はこちらのアクションに反応してくれました。慣れていって徐々に前向きになってくれればいいと思います」



福島6Rのメイクデビュー福島(芝1200m)は6番人気ミキノドラマー(西田雄一郎騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒4(良)。2馬身差2着に8番人気ヒマラヤキンラン、さらに1馬身1/2差で3着に5番人気シェヴェルニーが入った。

ミキノドラマーは美浦・南田美知厩舎の2歳牡馬で、父ショウナンカンプ、母ケイアイミサイル(母の父スペシャルウィーク)。

~レース後のコメント~
1着 ミキノドラマー(西田騎手)
「稽古の時から新馬向きの気性と動きでした。追ってからそれほど伸びるタイプではないので、早めにセーフティリードを取りました。若さがあるし、体もまだ大きくなりそうで、これからの馬です。距離は短い方が良さそうです」

2着 ヒマラヤキンラン(木幡初也騎手)
「スタートをポンと出て、素直な馬でスッと行けました。勝ち馬に早めに来られて苦しい競馬になりましたが、よく頑張っています」

3着 シェヴェルニー(石川騎手)
「前2頭が気持ち良く行っていたので、余裕を持って追走していましたが、もう少しついて行った方が良かったと思います。まだモタれるところもあるし、次は変わってきそうです」