【メイクデビュー】(中京5R、6R)~ブラックスピネル、タイセイパルサーが勝利 [News]
2015/07/19(日) 15:22
中京5Rのメイクデビュー中京(芝2000m)は5番人気ブラックスピネル(松若風馬騎手)が勝利した。勝ちタイムは2分09秒1(稍重)。クビ差の2着に2番人気ゼンノタヂカラオ、さらに2馬身差の3着に3番人気トラストルークが入った。

ブラックスピネルは栗東・音無秀孝厩舎の2歳牡馬で、父タニノギムレット、母モルガナイト(母の父アグネスデジタル)。

~レース後のコメント~
1着 ブラックスピネル(松若風馬騎手)
「スタートが速く、すぐに2番手がとれて、折り合ってレースができました。調教のときから集中力を欠く面はありましたが、レースでも物見をしたりする面を出していました。そのぶん余裕はありましたし、今日のような馬場もこなしてくれました。ただ、切れる脚がある馬ですから、パンパンの良馬場の方がもっといいと思います」

2着 ゼンノタヂカラオ(C.ルメール騎手)
「道中の感じもよく、直線ではいい脚を使ってくれました。ほぼパーフェクトなレースだったと思います。勝ち馬とは斤量の1キロ差が出たのだと思います」

3着 トラストルーク(Z.パートン騎手)
「まだ子どもっぽく、ずっと物見をしていました。パワータイプの馬で切れる脚はもうひとつですから、もう少し後続を離して逃げた方がよかったかもしれません」

4着 ジュンヴァルカン(福永祐一騎手)
「スタートが遅いと聞いていましたが、予想以上に遅くて歩くような感じで出ていきました。スローペースの決め脚勝負だと思っていただけに、今日のスタートでは厳しいですね。今日はスタートがすべてでした。最後に追い上げたようにいい脚を持っています」


中京6Rのメイクデビュー中京(芝1200m)は5番人気タイセイパルサー(幸英明騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒9(稍重)。アタマ差の2着に4番人気サイモンゼーレ、さらに1馬身1/4差の3着に1番人気レッドラウダが入った。

タイセイパルサーは栗東・大橋勇樹厩舎の2歳牡馬で、父パイロ、母プリモレディ(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 タイセイパルサー(幸英明騎手)
「調教での感じがよかった馬で、前で競馬ができました。競馬が上手な馬です。よくがんばってくれました」

2着 サイモンゼーレ(Z.パートン騎手)
「向正面で物見をするなど、まだまだ馬が子どもです。フラフラしながら走っていましたが、デビュー戦でしたし、次は楽しみです」

3着 レッドラウダ(C.ルメール騎手)
「物見をするなど馬が若いです。しかし、乗りやすい馬で次はよくなるでしょう。スピードがあるのでこのぐらいの距離でも大丈夫です」

5着 セトノチーター(福永祐一騎手)
「他の馬を怖がっていました。しかし、競馬に慣れてくれば大丈夫なレベルです。1200mは少し忙しいようでした」