【マリーンS】(函館)~ソロルが7勝目をマーク [News]
2015/07/12(日) 16:32
函館11Rのマリーンステークス(3歳以上オープン・ダート1700m)は3番人気ソロル(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分44秒3(良)。アタマ差の2着に4番人気ヒラボクプリンス、さらに半馬身差の3着に1番人気ジェベルムーサが入った。

ソロルは栗東・中竹和也厩舎の5歳牡馬で、父シンボリクリスエス、母ラバヤデール(母の父サンデーサイレンス)。通算成績は26戦7勝。

~レース後のコメント~
1着 ソロル(吉田隼人騎手)
「1コーナーでうまく内に入り込めて、ヒラボクプリンスをマークしながらレースをしました。4コーナー手前で外に出すことができて、最後は地力で前の馬を交わしてくれました。トップハンデで小回りコースをこなしてくれて、やはり能力があります。馬に感謝しています」

2着 ヒラボクプリンス(菱田裕二騎手)
「道中は絶好のポジションでレースができました。競馬としては理想的でしたが、勝ち馬の決め手が上でした」

5着 オールブラックス(藤岡康太騎手)
「スタートで少し後手を踏んだので、道中は折り合い重視でいこうと思いました。しかし、1400mのレースを使っていたこともあり、向正面でペースが遅くなったときにガチッとハミをかんで、行き出してしまいました。それでも直線に入っても踏ん張っていましたので、力をつけています」