【清洲特別】(中京)~ウインガニオンが外からまとめて差す [News]
2015/07/12(日) 16:22
中京9Rの清洲特別(3歳以上500万下・芝1400m)は4番人気ウインガニオン(松山弘平騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒3(良)。アタマ差の2着に3番人気エイシンソルティー、さらにクビ差の3着に12番人気ナムラアッパーが入った。

ウインガニオンは栗東・西園正都厩舎の3歳牡馬で、父ステイゴールド、母チャンネルワン(母の父ポリッシュネイビー)。通算成績は6戦2勝。

~レース後のコメント~
1着 ウインガニオン(松山弘平騎手)
「今日は外差しが決まるので、中団からと思っていましたが、思ったより後ろのポジションになりました。外に出したら力強く伸びて、昇級戦としてはいい内容のレースになりました」

2着 エイシンソルティー(酒井学騎手)
「自分から動いた方がいいタイプなので、いつでも動ける位置から運びましたが、内の馬を気にするなど少し気の悪い面を見せていました。それでも直線は追うごとに伸びてくれましたし、このクラスでは力は上位です」

3着 ナムラアッパー(高倉稜騎手)
「今日はゲート裏でメンコを外す予定でした。その分ゲートはスッと出て、出たなりでリズムよく運びました。中京は勝ったことがあるので、いいイメージでレースができました」

4着 ベルリネッタ(小牧太騎手)
「今日は惜しかったですね。でも、力があります。ゲートが決まったことがよかったですね」

5着 オメガタックスマン(C.ルメール騎手)
「道中は折り合いがつきましたが、直線で他馬と併せたら頭を上げる面を見せました。ブリンカーをつけたら効果がありそうです」