世界のトップジョッキー100の途中経過 [News]
2015/07/10(金) 17:04
 IFHA=国際競馬統括機関連盟が発表した世界のトップ100ジョッキーの途中経過が、JRAから発表された。

 現在、トップは66ポイントで、アメリカのV.エスピノーザ騎手と、オーストラリアのJ.マクドナルド騎手。それぞれトップ100のGIを5勝している。エスピノーザ騎手はアメリカンファラオで3冠を制覇、マウドナルド騎手はリアルインパクトでジョージライダーSを制覇する等、大活躍した。

 JRA所属騎手では28ポイントのM.デムーロが12位タイ。以下、川田将雅騎手が24ポイント、岩田康誠騎手と福永祐一騎手が18ポイントで続いている。

 このランキングは、世界のトップ100のGIレースの成績に基づき、1着12ポイント、2着6ポイント、3着4ポイントが与えられ、その合計により順位を決定するもの。第1回の去年はR.ムーア騎手がベストジョッキーに輝いた。