【七夕賞】美浦レポート~アルフレード [News]
2015/07/08(水) 14:21
 12日(日)に福島競馬場で行われる七夕賞に出走を予定しているアルフレードについて手塚貴久調教師のコメントは以下の通り。

「ここ2戦はもうチョイというレースで、特に前走の新潟大賞典での脚を見ると完全に復調したと見ていいでしょう。前走後は牧場に出して脚元をチェックして、1ヶ月前に戻ってきました。
 今朝はウッドコースで北村宏司騎手を乗せてウッドコースで併せました。北村騎手とは初めてのコンビになりますから、感触をつかんでもらいました。ある程度の時計を出して、直線では併せた相手を離す形になりました。上がりも良く、内容には満足しています。
 福島のコースは初めてになるので、正直やってみないと分かりません。ただこれまで小回りコースで成績が悪かったのは体調や脚元が良くなかった時であって、調子のいい今回は違った結果が出ると期待しています。
 この馬はもう3年半近く勝っていません。2歳王者の頃は荒々しさがありましたが、今は6歳のオジさんになって距離の融通性や競馬の自在性が出てきました。今の体調は本当にいいので、なんとかもう1つ大きな勲章を取らせてあげたいと思っています。頑張って欲しいです。」

(取材:小林雅巳)