【ラジオNIKKEI賞】(福島)~アンビシャスが重賞初V [News]
2015/07/05(日) 17:00
福島11RのラジオNIKKEI賞(3歳GIII・芝1800m)は1番人気アンビシャス(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分46秒4(良)。3馬身半差の2着に4番人気ミュゼゴースト、さらに3/4馬身差の3着に12番人気マルターズアポジーが入った。

アンビシャスは栗東・音無秀孝厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母カーニバルソング(母の父エルコンドルパサー)。通算成績は6戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アンビシャス(C.ルメール騎手)
「とても嬉しいです。初の福島での騎乗は面白かったです。(騎乗に関して)コースは問題ないです。たくさん勝てました。(レースは)内枠で流れに乗れませんでしたが、ペースが速かったので馬がリラックスしてくれて、4コーナーで外に出していきました。いつもとても元気のいい馬で、ちょっとうるさいところがありますが、今日はリラックスしていました。すごい瞬発力です」

2着 ミュゼゴースト(柴田善臣騎手)
「歩き方がよくなっていました。馬がよくなっています。今日のようなレースができたのはよかったです。今後が楽しみになりました」

3着 マルターズアポジー(武士沢友治騎手)
「逃げは作戦通りです。調教で状態のよさを感じていましたし、今日は自分のペースで行けて、道中も息が抜けました。テンションに難しいところがあるので、これからコントロールできればいいと思います」

4着 ロジチャリス(大野拓弥騎手)
「外枠で位置を取りに行った分、ハマりきらない競馬になってしまいました。それでもよくがんばっていると思いますし、力はあります」

5着 ブランドベルグ(藤岡佑介騎手)
「外枠だったのですが、ある程度前へつけていこうと思っていました。スタートもよく、道中もかからず、我慢して走ってくれました。手前を替えてからもうひと伸びしてくれました。広い競馬場の方が合っている感じもありますが、秋に向けていい競馬ができました。距離は延びても大丈夫です」

7着 ストレンジクォーク(吉田豊騎手)
「芝の切れ目で飛んでいくようなところがありました。折り合いは問題なかったです」

10着 アッシュゴールド(池添謙一騎手)
「イレ込みはいつものこと。競馬は4コーナーまでいい感じでしたが、最後は他馬と同じ脚色になってしまいました。56キロというのも少し影響があったかもしれません」

13着 グランアルマダ(酒井学騎手)
「少ししか脚を使えませんでした。まだ調子が上がってないのかなという感じです」

16着 レアリスタ(福永祐一騎手)
「乗った感じは若干硬さがありましたが、競馬は上手で道中もうまく立ち回ってくれました。3コーナーでスペースもありませんでしたが、手応えもありませんでした。走ることは確かですが、体も減ってきていて、そのあたりの疲れがあったのかもしれません」