【メイクデビュー】(福島5~6R)~シャクンタラー、フルオブスターズが勝利 [News]
2015/07/05(日) 15:14
福島5Rのメイクデビュー福島(芝1800m)は2番人気シャクンタラー(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分50秒6(良)。クビ差の2着に4番人気ラブレオ、さらに1馬身1/4差の3着に10番人気ファータグリーンが入った。

シャクンタラーは美浦・鹿戸雄一厩舎の2歳牝馬で、父ゼンノロブロイ、母ムガール(母の父Silver Hawk)。

~レース後のコメント~
1着 シャクンタラー(戸崎圭太騎手)
「まだまだ遊び遊びなところはありましたが、やれば動ける馬です。使ってさらによくなるでしょう。これからの馬です」

(鹿戸雄一調教師)
「不利はありましたが、気にせず差し切ってくれました。遊び遊びでまだ子どもっぽいところがありますが、先々が楽しみです。調教がしっかりできて、順調にいけました。新馬ですから、不安はたくさんありましたが、思ったより強かったです。今後は一旦放牧に出したいと思います」

2着 ラブレオ(田中勝春騎手)
「立ち回りなど競馬が上手です。最後は交わされましたが、注文をつけるところはありません」

3着 ファータグリーン(石川裕紀人騎手)
「4コーナーで他の馬が弾かれたときに不利がありましたが、最後は詰めています。調教もある程度やっていましたし、気持ちも前向きです」

4着 マックール(宮崎北斗騎手)
「直線では外へ膨れてしまい、他の馬に迷惑をかけました。しかし、調教を積んでいたので、そのよさが実戦で出たと思います」

11着 ミュゼリバイアサン(田辺裕信騎手)
「ゲートは出ませんでしたし、流れに乗っていけませんでした。肩ムチを入れっぱなしで、攻め馬とは逆の感じになってしまいました。背中はいいのですが......。キックバックを嫌がっていた感じもありますが、出していっても変わった感じがありませんでした」


福島6Rのメイクデビュー福島(芝1200m)は1番人気フルオブスターズ(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分10秒8(良)。アタマ差の2着に4番人気オーディンローズ、さらに2馬身半差の3着に3番人気クナウが入った。

フルオブスターズは美浦・奥村武厩舎の2歳牝馬で、父エンパイアメーカー、母ポエティクシーズン(母の父サンデーサイレンス)。

~レース後のコメント~
1着 フルオブスターズ(田辺裕信騎手)
「動ける状態にありました。コーナーで逃げ気味になるなど、スムーズではありませんでした。幼さが出ました。怖がりなところや精神面などがどっしりしてくれたらいいですね」

2着 オーディンローズ(内田博幸騎手)
「いいスピードがあります。うまくハナが切れました。もう少しでした」

3着 クナウ(大野拓弥騎手)
「前半はオドオドしていましたが、後半はいい走りでした。次走、落ち着いて出走できればいいですね」