【スパーキングレディーC】(川崎)~トロワボヌールが制して重賞2勝目 [News]
2015/07/01(水) 21:15
 川崎競馬場(天候:曇 馬場:重)でダートグレード競走の第19回スパーキングレディーカップ(第11競走・3歳以上オープン・牝馬・JpnIII・ダート1600m・1着賞金2500万円)が12頭によって行われた。
 スタートして3番人気となった昨年の覇者であるJRAのサウンドガガが先手を取り、2番手に船橋のカイカヨソウがつけ、単勝1.4倍という断然の1番人気となったJRAのサンビスタが3番手となり、差のない4番手が2番人気のJRAのトロワボヌールとなった。スタートで少し出遅れたJRAのメイシヨウマンボは向う正面では6番手となった。
 3コーナーを回って逃げるサウンドガガを捕まえに出たサンビスタが2番手に上がり、トロワボヌールは内を回って差を詰めた。直線に入るとトロワボヌールが2番手に上がり、ゴール前で逃げるサウンドガガを内から交わして1馬身半の差をつけて優勝した。勝ちタイムは1分40秒8。勝利騎手は戸崎圭太。サウンドガガから3馬身遅れたサンビスタが3着。愛知のピッチシフターが4着となり、メイショウマンボはゴール前で笠松のタッチデュールにも交わされて6着に終わった。
 トロワボヌールは、父バゴ、母チューニー(母父サンデーサイレンス)という血統の牝5歳鹿毛馬。JRA美浦・畠山吉宏厩舎所属。デビューから芝のレースを走ってきたが、一昨年ダートへ路線を変更。去年の10月までにダートで計4勝を挙げてオープン入りし、去年11月のJBCレディスクラシック(JpnI、盛岡)で交流重賞に初挑戦してサンビスタの2着となった。その後12月のクイーン賞(船橋)では重賞初制覇をはたし、ここ2戦(マリーンカップ、さきたま杯)は2着に敗れていたが、このレースを制して重賞2勝目となった。通算成績は21戦7勝(中央15戦5勝)。

1着 トロワボヌール
戸崎圭太騎手
「この馬にはずっと乗せていただき、馬はいいレースをしてくれていましたが、ここで初めてサンビスタを負かすことが出来て嬉しいです。初めてのナイターだったので落ち着かせるように気をつけましたが、今日は落ち着いていて良い状態でした。サウンドガガが逃げたので道中は折り合い重視で行きました。この馬はどんなレースでも出来る強みがある馬です。距離についてはマイルぐらいがベストだと思います。」
畠山吉宏調教師
「サンビスタとの対戦で、4度目にして初めて先着出来て嬉しいです。左回りは中央競馬で走っていますが、初めてのナイターをよくこなしてくれたと思います。輸送からレースまでの一連の流れを落ち着いて出来るようになり、馬が良くなってきていると思います。今後は放牧に出してからオーナーと相談しますが、牝馬路線をめざすことになると思います。今年のJBCは右回りの大井ですが、いいレースが出来るように頑張ります。」

2着 サウンドガガ 武豊騎手
「惜しかったです。いいペースで行けましたが、今年はメンバーが強かったですね。この馬のレースが出来てマイルでも走ってくれましたが、ベストはもう少し短い距離だと思います。」

3着 サンビスタ 岩田康誠騎手
「この馬のレースは出来ました。58キロは気にしていなかったと思いますが...。」

6着 メイショウマンボ 武幸四郎騎手
「3コーナーまでは良かったのですが、勝負どころで頭が上がってしまいました。

(取材:山本直)