【津軽海峡特別】(函館)~トミケンユークアイが叩き合いを制す [News]
2015/06/28(日) 16:38
函館12Rの津軽海峡特別(3歳以上1000万下・ダート1700m)は7番人気トミケンユークアイ(吉田隼人騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分42秒8(不良)。3/4馬身差の2着に4番人気トップボンバー、さらに2馬身半差の3着に8番人気セトノプロミスが入った。

トミケンユークアイは美浦・和田正道厩舎の6歳セン馬で、父メイショウボーラー、母アマゾナイト(母の父アフリート)。通算成績は34戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 トミケンユークアイ(吉田隼人騎手)
「スタートが抜群で道中も楽でしたから、3~4コーナーで後続を引き離そうとしました。後ろからついてこられましたが、いいところでスパートしてペースを上げているので、2着馬に脚を使わせることになったと思います」

3着 セトノプロミス(城戸義政騎手)
「前2頭が強かったです。この馬もいい位置で競馬ができましたし、最後も止まっていません」

4着 サクラエール(加藤祥太騎手)
「ゲートがあまりよくありませんでした。最後はいい脚を使っていますし、能力のある馬です」