【夏至S】(東京)~チャーリーブレイヴが差し返す [News]
2015/06/27(土) 16:58
東京11Rの夏至ステークス(3歳以上1600万下、ダート1400m)は4番人気チャーリーブレイヴ(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分23秒3(重)。ハナ差2着に1番人気アンズチャン、さらに1馬身1/2差で3着に2番人気ノウレッジが入った。

チャーリーブレイヴは美浦・尾関知人厩舎の5歳セン馬で、父Indian Charlie、母Catchofthecentury(母の父Carson City)。通算成績は13戦5勝。

~レース後のコメント~
1着 チャーリーブレイヴ(蛯名騎手)
「前回はゲートをうまく出られず、流れに乗って行けませんでした。しかし、今日はスムースに行きました。4コーナーでも手応え十分で、外から来る馬をギリギリまで待って、それで差し返しているのですから大したものです。今後、色々なことが出来れば展望がさらに拓けるでしょう。持っているものはありますし、馬も大分しっかりしてきました。我慢してやってきた甲斐がありました」

2着 アンズチャン(横山典騎手)
「頑張ってくれました。しかし、運がありませんでした」

3着 ノウレッジ(オールプレス騎手)
「スタートが良く、うまく先手を奪うことが出来ました。外から他の馬がハナを奪う形で2番手でした。直線で前に行っていた馬が早めにバテてしまい、早めに先頭に立つ形になりました。ソラを使うことがあるので、最後はその分が出ました。しかし、このクラスでも十分やっていけると思います」

4着 ランドマーキュリー(松岡騎手)
「ペースが速くない割には、折り合っていい位置につけられました。センスがいいですし、どんな競馬場でも来ると思います。手前を替えなかったりしましたが、頑張っています。勝機は近いと思います」

7着 ドリームコンサート(柴田大騎手)
「流れがきつかったです。4コーナーで早めに外から来られてしまいました。砂を被ってしまうと嫌気が差すのですが、今日は競馬を止めずに伸びてきています。流れが向いてくれればいいですね」