【宝塚記念】栗東レポート~ラキシス [News]
2015/06/24(水) 17:42
 28日(日)に阪神競馬場で行われる第56回宝塚記念(GI・芝2200m)に出走するラキシス(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●ラキシスについて角居勝彦調教師
「今朝はCウッドコースで2頭併せの追い切りでした。先週しっかり追い切ったのでオーバーワークにならないようにやりましたが、ちゃんとスイッチが入った感じでした。

 元々素質が高いことは分かっていましたが、なかなか順調に行きませんでした。それが古馬になってから、しっかりと調教が出来るようになったことが大きいですね。大阪杯は彼女が好きな馬場コンディションになってくれたようで、度々あんな馬場を走っていますが、道悪も苦にしていない感じでした。調教するたびに体もしっかりして来ましたし、飼い葉食いもそれでいて安定しているので、充実してきているのでしょう。

 大阪杯の後に次はここへ、と決めていましたし、体も回復しています。相手は強いですが一生懸命向かって行きたいですね。あとはルメール騎手がレースに応じて乗ってくれれば。良い状態になっていますし、牡馬一線級相手にどこまでやれるか楽しみにしています」


●ラキシスについてクリストフ・ルメール騎手
「大阪杯は、素晴らしいレースをしてくれました。良い馬です。馬場が重たかったのですがこの馬に向いていましたし、キズナに勝ったんですから素晴らしいレースだったと思います。宝塚記念でも雨が降って馬場が柔らかくなったら、ラキシスに合うと思います。

 1週前の追い切りに乗りましたが、状態は良かったですし問題はありません。大阪杯より良くなっていると思います。今週はラキシスの厩務員さんと話をしましたが、グッドコンディションだよという話でした。

 ゴールドシップはライバル、凄い馬ですが、2200mならラキシスにもチャンスがあるでしょう。スピードが凄くて瞬発力もとても素晴らしい馬ですからね。勿論勝ちたいレースですし、ぜひ応援してください」

(共同会見より~取材:大関隼)