【宝塚記念】栗東レポート~ディアデラマドレ [News]
2015/06/24(水) 17:38
 28日(日)に阪神競馬場で行われる第56回宝塚記念(GI・芝2200m)に出走するディアデラマドレ(牝5、栗東・角居勝彦厩舎)について、追い切り後の関係者のコメントは以下の通り。

●ディアデラマドレについて角居勝彦調教師
「(今朝はデニムアンドルビーと併せて)切れ味のある馬なので、デニムアンドルビーと併せるとやはりこの馬の方が見栄えするかな、という印象でした。良い切れ味を持っていますが、どうしても展開に左右されるので、何とか(展開が)嵌らないかなという所です。

 以前2200mを使った時には、我慢できていたと藤岡康太騎手も話してくれましたし、終いの脚を生かせる競馬になってくれれば道中のペースや、距離はさほど問題ないかなと思っています。乗り方に関しては流れ次第で、ジョッキーにお任せしたいですね。相手は強いですから楽ではないと思いますが、男の子(エピファネイア)が抜けてしまった分も、女の子3頭で頑張りたいです」

(共同会見より~取材:大関隼)