【ユニコーンS】(東京)~ノンコノユメが直線一気でV [News]
2015/06/21(日) 17:04
東京11Rのユニコーンステークス(3歳GIII・ダート1600m)は2番人気ノンコノユメ(C.ルメール騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒9(稍重)。2馬身半差の2着に9番人気ノボバカラ、さらに2馬身半差の3着に3番人気アルタイルが入った。

ノンコノユメは美浦・加藤征弘厩舎の3歳牡馬で、父トワイニング、母ノンコ(母の父アグネスタキオン)。通算成績は7戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ノンコノユメ(C.ルメール騎手)
「最後はすごい脚を使ってくれて、乗っていてビックリしました。いつもスタートは速くありませんが、ペースが速かったので心配していませんでした。今日は楽に勝てましたし、今後さらによくなりそうなので楽しみです」

(加藤征弘調教師)
「前がカベになったときはヒヤッとしましたが、毎回ダメかと思わせておいて来ますから、想像を絶する馬ですね。これからもっと成長してくれればと思います。次走はジャパンダートダービーに登録していますが、馬の様子を見て、オーナーの意向を聞いてからになります。中山のダート1800mを上手に走れていますから、大井も心配していませんし、距離もこなせると思います」

3着 アルタイル(松岡正海騎手)
「予定通りの競馬はできました。モタれる面はありますが、だいぶよくなっています。今日は勝った馬が強かったです。今日みたいな競馬ができれば、1800mでも大丈夫です」

4着 ゴールデンバローズ(戸崎圭太騎手)
「すみませんでした。ちょっとモタモタしたのが大きかったです」

5着 ブチコ(石橋脩騎手)
「調教師からは『番手くらいで』という指示でした。ゲートで少し潜りそうでしたが、我慢してくれました。初めて逃げる形で物見をした分、息が入っていました。それでも厳しい流れでしたが、中身のある内容です」

6着 イーデンホール(吉田豊騎手)
「かかっていましたが、許容範囲内でした。最後は手前を替えていませんでした。右回りであれば替えてくれるのですが......」

7着 マイネルオフィール(柴田大知騎手)
「ちょっと待ってから追い出すと反応してくれました。攻め馬は走るし、乗るといい馬という実感があります。うまくかみ合ってくれれば......」

8着 クワドループル(内田博幸騎手)
「前残りの馬場と相手の中でよくがんばってくれました。一生懸命伸びてくれました」

12着 アキトクレッセント(浜中俊騎手)
「馬が精神的にしんどい時期にあって、この時期を抜けてくれればいいのですが......」

13着 タップザット(福永祐一騎手)
「練習していたのですが、スタートがうまく切れませんでした。距離はもっと長い方がいいです」