【米子S】(阪神)~紅一点スマートレイアーが制す [News]
2015/06/21(日) 16:31
阪神11Rの米子ステークス(3歳以上オープン・芝1600m)は1番人気スマートレイアー(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分34秒0(良)。1馬身1/4差の2着に5番人気オリービン、さらに3/4馬身差の3着に7番人気メイショウヤタロウが入った。

スマートレイアーは栗東・大久保龍厩舎の5歳牝馬で、父ディープインパクト、母スノースタイル(母の父ホワイトマズル)。通算成績は16戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 スマートレイアー(M.デムーロ騎手)
「競馬の上手な馬です。ゲートの中で首を上下させていましたが、スタートには問題なく、すぐにいいポジションがとれて折り合いもついていました。直線でもいい伸びを見せてくれました」

2着 オリービン(小牧太騎手)
「好スタートが切れて、馬に逆らわず先行させました。レースとしてはうまくいったと思います。今日は勝った馬が強かったということでしょう。阪神コースは安定して走る馬です」

3着 メイショウヤタロウ(秋山真一郎騎手)
「初めて乗りましたが、いい馬ですね。もっと走れそうな感じがありますし、メンバー次第でチャンスはあると思います」

4着 ロサギガンティア(松山弘平騎手)
「4コーナーで外に出したかったのですが、サンライズメジャーに早めに来られてしまいました。それでも直線では伸びる脚を見せたものの、最後は同じ脚色になってしまいました」

5着 ナリタスーパーワン(幸英明騎手)
「勝負どころで他馬を気にしたのかモタつきましたが、終いはまた伸びる脚がありました。芝は問題なさそうです」

7着 サンライズメジャー(国分恭介騎手)
「じっくりレースを進めましたが、坂で失速する感じでした。斤量がこたえたのかもしれません」

8着 サトノルパン(川島信二騎手)
「道中はいい感じでしたし、直線に向いてからも手応えが十分ありました。なぜ伸びなかったのかわかりません」