【メイクデビュー】(東京5~6R)~トモジャクール、マイネルバサラが勝利 [News]
2015/06/21(日) 15:33
東京5Rのメイクデビュー東京(芝1400m)は9番人気トモジャクール(田中勝春騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒5(良)。3/4馬身差の2着に1番人気ラハトケレブ、さらにハナ差の3着に8番人気タネホカホカが入った。

トモジャクールは美浦・栗田徹厩舎の2歳牝馬で、父メイショウボーラー、母セキサンキセキ(母の父フジキセキ)。

~レース後のコメント~
1着 トモジャクール(田中勝春騎手)
「素直ですし、そこそこやれると思っていました。スムーズに走れたのがよかったです」

2着 ラハトケレブ(浜中俊騎手)
「前半はモタモタしていて、真剣に走ったのは最後の100mでした。姉のワイルドラズベリーはカッカするところがあって短距離だったのですが、そのあたりは感じさせませんでした」

4着 ギンゴー(津村明秀騎手)
「競馬にいってからは落ち着いているのですが、レース前のテンションは怪しいところがあります。返し馬でのコントロールが効きづらいです。そこが課題です」

5着 マイネルツィール(柴田大知騎手)
「距離的に忙しいと思います。ゆったりと走れる距離が合っていると思います。周りの馬に気を遣ったり、変なところでハミを噛んだりするところもあります。しかし、外に出してからはいい脚でしたし、いいモノを持っています。うまく競馬を覚えていってくれればと思います」

6着 ガーネットバローズ(内田博幸騎手)
「気持ちがカッとなるところがあるので、気をつけなければいけません。前の馬群の中にも入りきれませんでした」

7着 ゴシックロマン(菅原隆一騎手)
「ゲートを出てから進んでいきませんでした。まだ競馬をわかっていない感じです。スタートがうまくなって、前半でもう少し前目につけられればいいですね。しかし、馬群を縫ってこられたので、いい経験ができました」


東京6Rのメイクデビュー東京(ダート1400m)は11番人気マイネルバサラ(柴田大知騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分26秒6(稍重)。半馬身差の2着に5番人気ノーフォロワー、さらに1馬身差の3着に1番人気クリムゾンバローズが入った。

マイネルバサラは美浦・松山将樹厩舎の2歳牡馬で、父シニスターミニスター、母サザンレイスター(母の父サザンヘイロー)。

~レース後のコメント~
1着 マイネルバサラ(柴田大知騎手)
「砂を被って躊躇していましたが、直線で砂を被らない外に出したら、一気に伸びてくれました。前が止まっていましたから、展開的にもよかったと思いますが、思っていた以上に能力は高いですね」

2着 ノーフォロワー(吉田豊騎手)
「新馬戦とは思えないほど厳しい競馬でした。3コーナーすぎからこられて、引くに引けず、それでも人気馬を交わしたのでしのげると思いましたが、府中の直線は長いですね。もう少しでした」

3着 クリムゾンバローズ(田辺裕信騎手)
「残念でした。調教、そしてゲートの出もよかったので、積極的に乗りました。絡まれましたけど、踏ん張ってくれると思ったのですが......」