【相模湖特別】(東京)~アンジェリックがゴール前で抜け出す [News]
2015/06/20(土) 16:02
東京10Rの相模湖特別(3歳以上1000万下・芝1400m)は1番人気アンジェリック(田辺裕信騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒2(良)。1馬身1/4差の2着に4番人気クリノタカラチャン、さらに半馬身差の3着に7番人気ヒルノケアンズが入った。

アンジェリックは美浦・大和田成厩舎の4歳牝馬で、父シンボリクリスエス、母タガノアイリス(母の父トニービン)。通算成績は14戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 アンジェリック(田辺裕信騎手)
「このクラスではやはり力が上です。レースが少し特殊な形になって、道中の手応えも思ったよりありませんでした。どこで動くか迷いましたが、直線もしっかり反応して伸びてくれました」

2着 クリノタカラチャン(天間昭一調教師)
「道中は内で我慢させて、最後よく伸びています。差す競馬が板についてきて、もう少しで勝てるところまで来ています」

3着 ヒルノケアンズ(柴田善臣騎手)
「1400mがピッタリの馬と聞かされましたが、本当にきっちり脚を使っています。4コーナーからの立ち上がりもよかったし、レースぶりもよかったです」

4着 エデンロック(北村宏司騎手)
「切れ味をカバーするような競馬をしましたが、1400mでも東京コースだとつかまります。もう少し上がりのかかる中山のようなコースの方が向いていると思います」

5着 エネアド(戸崎圭太騎手)
「折り合いは大丈夫でよく走っていますが、肝心の追ってからが耳を絞って反抗する仕草を見せていました」