【メイクデビュー】(阪神5R)~タガノヴィアーレが勝利 [News]
2015/06/14(日) 15:14
阪神5Rのメイクデビュー阪神(芝1200m)は2番人気タガノヴィアーレ(和田竜二騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分11秒4(良)。1馬身3/4差の2着に1番人気ルミナスエレメント、さらに2馬身差の3着に3番人気ブリーズスズカが入った。

タガノヴィアーレは栗東・鈴木孝志厩舎の2歳牝馬で、父ダイワメジャー、母ビーグレイシャス(母の父Mr. Greeley)。

~レース後のコメント~
1着 タガノヴィアーレ(和田竜二騎手)
「まだ全体的に体が緩く、ゲートをうまく出ることができませんでした。しかし、ペースが上がらず、楽に追走できましたし、後方でうまく脚がたまりました。目標となる馬を前に置いて、エンジンがかかってからはいい感じで伸びてくれました。よくなるのはまだまだ先ですし、決して1200mがベストの馬ではありません。これから楽しみな馬です」

2着 ルミナスエレメント(M.デムーロ騎手)
「調教で乗ったときのイメージと同じで、ワンペースの馬です。4コーナーあたりで子どもっぽい面を出していました。しかし、とにかく走る馬です。もう少し長い距離の方がいいと思います」

3着 ブリーズスズカ(幸英明騎手)
「練習のときよりゲートはモサッとした感じでした。しかし、人気の馬を前に見ながら最後までしっかり走っています。次はマイルのレースを使うことになると思いますが、おとなしい馬ですから、距離が延びてもいいかもしれません」

4着 ウインランブル(松山弘平騎手)
「馬場に出て鳴いたりとまだまだ子どもっぽいところがあります。直線でフラフラするところもありましたが、走り自体は悪くありませんでした」