【アハルテケS】(東京)~キョウエイアシュラがゴール前で差し切る [News]
2015/06/13(土) 16:46
東京11Rのアハルテケステークス(3歳以上オープン・ダート1600m)は10番人気キョウエイアシュラ(戸崎圭太騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分35秒8(良)。半馬身差の2着に5番人気ベルゲンクライ、さらにクビ差の3着に6番人気アドマイヤロイヤルが入った。

キョウエイアシュラは栗東・森田直行厩舎の8歳牡馬で、父スウェプトオーヴァーボード、母サンシャワーキッス(母の父アンバーシヤダイ)。通算成績は50戦6勝。

~レース後のコメント~
1着 キョウエイアシュラ(戸崎圭太騎手)
「馬の調子がよくなっています。競馬が上手な馬ですから、どれくらいやれるかと思っていました。最後はいい脚を使ってくれましたし、がんばってくれました」

(森田直行調教師)
「ハンデ戦ですし、1600mもどうかなと思っていましたが、状態はすごくよかったです。夏場の方がいいみたいです。戸崎騎手の好騎乗もありましたし、長くいい脚を使ってくれます。もともと来週連闘で使う予定でしたが、勝ってくれたので、もし出られればプロキオンSを使いたいと思います」

2着 ベルゲンクライ(吉田豊騎手)
「今日はゲートの出がいい感じでした。ダートに入ってから馬ごみを縫って、前向きにグングンと上がっていってくれました。うまくさばけましたが、もう少しでした。体が10キロ、10キロと減っていますが、お尻に筋肉がついてくれればと思います。硬さがなく、いい感じですが、前の方が力強い感じでした。今日はある程度の位置で競馬ができたので、こういう競馬を続けていければと思います」

7着 サウンドトゥルー(大野拓弥騎手)
「マイペースで、自分のリズムで走った方がいいかもしれません」

9着 メイケイペガスター(津村明秀騎手)
「初めて乗りましたが、落ち着いて返し馬に入れました。道中も我慢できましたが、弾けませんでした。外めをスムーズに回る形がよかったです」

12着 ジョヴァンニ(C.ルメール騎手)
「いいスタートで、いいポジションでした。しかし、距離が長かったです」