【舞子特別】(阪神)~ダノンシーザーが叩き合いを制す [News]
2015/06/13(土) 16:11
阪神10Rの舞子特別(3歳以上1000万下・芝1400m)は3番人気ダノンシーザー(M.デムーロ騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分21秒5(良)。ハナ差の2着に5番人気リーサルウェポン、さらに半馬身差の3着に1番人気エイシンペペラッツが入った。

ダノンシーザーは栗東・池江泰寿厩舎の3歳牡馬で、父ディープインパクト、母アイアムアドーター(母の父デヒア)。通算成績は7戦3勝。

~レース後のコメント~
1着 ダノンシーザー(M.デムーロ騎手)
「頭のいい馬ですね。狭いところにもひるむことなく入っていきました。最後は間からすばやく抜けて、ギリギリ勝ってくれました」

2着 リーサルウェポン(川田将雅騎手)
「よくがんばっていますが、申し訳ないレースになってしまいました」

3着 エイシンペペラッツ(武豊騎手)
「いい感じで思い通りのレースができたのですが、手応えの割に伸びませんでした。その原因は久々なのか、阪神だからなのか......ちょっとわかりません」

4着 トウショウピスト(池添謙一騎手)
「2番手につけましたが、外から来られてりきんでしまった分、最後は踏ん張りきれませんでした」

5着 クリノハッチャン(川須栄彦騎手)
「返し馬で他馬を気にするところがあったので、道中は揉まれないように運んで、外に出したら脚を使ってくれました。今回は格上挑戦ですからね。自己条件なら楽しみです」

7着 ナオミノユメ(北村友一騎手)
「今日は定量戦でしたが、よくがんばっていると思います。終いもよく伸びています」