【安田記念】栗東レポート~フィエロ [News]
2015/06/03(水) 17:35
☆6月7日(日曜日)東京競馬場で行われる第65回安田記念(サラ3歳以上,オープン GI 芝1600m)に出走を予定しているフィエロについて追い切り後、関係者のコメントは以下の通り。

◎フィエロについて、藤原英昭調教師

・今朝の追い切りは馬にレースに向けて気合を入れる意味で戸崎騎手に騎乗してもらいました。雨で馬場が悪いので早い時間帯でしたが、きれいに走っていました。
・昨年は押せ押せのローテーションでしたが、今回は初めからここに狙いを定めてのレース、ですからいい状態で臨めます。前走はもう一つというレースでしたが戸崎騎手はこの馬の能力と状態の良さを確認できたレースではないでしょうか。
・昨年の安田記念は出遅れ、道悪などがありこの馬本来の姿を見せることができませんでした。今回は条件も揃って不安はありません。
・この馬はゆっくりと成長を待ちながら使って無事にここまで来て完成の域に近付いて来ました。血統の背景からもこの馬本来のパフォーマンスは発揮できそうです。

◎フィエロについて、戸崎騎手

今朝の追い切りは少し併せ馬が速くなるぐらいいい手応えでした。重い馬場の中、前走時より気合のりもよくいい動きでした。前走は能力を出し切れず不完全燃焼でした。しかし今回の舞台東京マイルは合っています。今作戦は考えていませんがリズム良く運べば末脚が爆発するのではと思っています。これまでこの馬のライバルにも多く騎乗させていただいたのでその馬達の脚の使い処は感じています、その点はアドバンテージと思っています。今回は条件も合い、馬の調子もいいので何とか決めたいですね。

取材:檜川彰人.