【富嶽賞】(東京)~ジェネシスロックがハナ差しのぐ [News]
2015/05/31(日) 18:04
東京11Rの富嶽賞(4歳以上1000万下・ダート1400m)は2番人気ジェネシスロック(蛯名正義騎手)が勝利した。勝ちタイムは1分24秒9(良)。ハナ差の2着に1番人気フミノファルコン、さらに2馬身差の3着に3番人気サノイチが入った。

ジェネシスロックは栗東・安田隆行厩舎の5歳牡馬で、父アグネスタキオン、母ムーニーポンズ(母の父Mizzen Mast)。通算成績は25戦4勝。

~レース後のコメント~
1着 ジェネシスロック(蛯名正義騎手)
「先頭に立ってから遊んでいました。併せる形になってから、また伸びてくれました。地力はありますし、1400mに延ばして正解でした」

2着 フミノファルコン(福永祐一騎手)
「理想的なレースはできましたが、差し返されてしまいました」

3着 サノイチ(内田博幸騎手)
「がんばってくれています。行き脚はつかないので、広いコースが向いています」

4着 ヒラボクダッシュ(柴田大知騎手)
「すごく長く脚を使ってくれる馬で、東京が合っています」

5着 ガッサンプレイ(杉原誠人騎手)
「いい位置につけて上手に走っています。いいレースができました。今日を叩いて、さらによくなりそうです」

6着 セクシーボーイ(田辺裕信騎手)
「1400mの方がかえっていいくらいです。今日は相手が強かったですが、指示通りのレースができました」