ベルラップ陣営がベストターンドアウト賞を受賞 [News]
2015/05/31(日) 17:03
 本日、日本ダービーのパドックで、世界主要GIレースでも実施されている、もっとも美しく手入れされた馬を担当する厩舎スタッフの努力を称え表彰する「ベストターンドアウト賞」の審査が行われた。

【受賞者】ベルラップ 野本剛厩務員(須貝尚介厩舎)

【審査委員】松山康久氏(元JRA調教師)、加藤みどり氏(声優)

【審査基準】『馬がよく躾けられ、美しく手入れされ、かつ人馬の一体感を感じさせる引き馬(リード)が行われているか』

●受賞者 野本剛氏のコメント
「今日まで一生懸命手入れをしてきた甲斐がありました。これを励みにこれからもがんばります。ありがとうございました」

(JRA発表による)